食事制限ダイエットだが、制限感を感じないダイエット!

過剰摂取予防ダイエット

私は38歳の男性で、サラリーマンです。

仕事でストレスが多く、その解消はもっぱら同僚と飲むこと、好きな食べ物を食べることです。また、仕事柄帰宅が遅く、深夜に食事をとること多いです。さらに、運動は滅多にしません。

その結果、お腹周りのたるみ、二重あご、おしりが最近非常に気になり、奥さんから、昔はかっこよかったのに~、と過去形で皮肉られます。

そんな時に、親友の結婚式の招待状が届きました。

勤務は私服で行っているので、冠婚葬祭以外でスーツを着ることはほとんどありません。招待状が届き、どのスーツを着ようかと久しぶりにある一着を着てみました。

しかし、ズボンのボタンが止まらないのです!親友は高校時代の友達で、結婚式には高校時代の同級生もくるとの話。ぱっつんぱっつんのスーツを着ていくわけにはいきません。

どうしよう!?奥さんに相談するも、自分でお金を出して買えば!、と一蹴。私のお小遣いでは買えません。

悩んだ末にダイエットを決意しました。

インターネットを徘徊して、自分にあった、ダイエット方法を探します。

食事制限ダイエット、炭水化物抜きダイエット、運動によるダイエット、・・・いろいろあります。食事制限ダイエットや、炭水化物抜きダイエットは性格的に合いません。ランニングなどの運動で体をいじめることも長続きしないだろうな、と思いました。

更に、インターネットを徘徊します。すると目に留まるダイエット法が。

『3食べてもいいけど、夜と朝の食事の時間の間隔をあけるダイエット』

どう痩せるのかメカニズムを読んでみると。太るのは過剰摂取によるもの、エネルギーに代わる前に次の食事が体内に摂取されるため、エネルギーにならない無駄な部分は脂肪になり太る、だから、食べたものが効率よくエネルギーになるように、最後の食事(夕食)と最初の食事(朝食)の時間を空けましょう!というダイエットです。その時間は12時間程度。

これなら出来そう!と思い実施しました。

私の朝の食事は7時30頃なので、最後の食事を夜の7時までに終えるようにし、さらに、効果を上げるためひとつ前の駅で電車を降りるようにし、出勤時と帰宅時約1時間ほど歩くようにしました。

私の場合、だいたい一週間程度から、体が軽くなった気がします。以前は41インチのズボンを履いていたのですが、一月経過したくらいに39インチくらいのズボンを履いてみると問題なく履けるようになっていました。お腹周りの脂肪も徐々にへっこみ始めました。

結婚式までは5か月間ありましたんので、5か月間この方法を続けた結果、無事スーツも着ることができるようになり、無事かっこよく結婚式に参観することが出来ました。

この方法のメリットですが、

(1)前述の通り、食事制限をしている時間帯が基本寝ている時間帯なので、苦しみが緩和されます(寝るまでは耐える必要がありますが、水で耐えます)。

(2)朝食と夕食の間隔を12時間あけることとなるため、自然に寝る前に食事もすることがなくなります。

(3)三食は好きなものを食べてもいいです(ただ、なんとなくカロリー高めのものは摂取する気がうせます)

の三点です。制限されてますが、制限感をあまり感じないダイエット法だと思います。

結婚式が終わって、油断をし、最近リバウンド状態なので、再度この方法を実施したいと思います